まつり当日の記事で 写真が載っていませんが

実行委員は写真を撮っている時間も無い為 カメラマンに任せております

仕上がって参りましたら お見せできると思います

しばらくお待ちくださいね



十ヶ月以上に及ぶ 製作・保管・管理

いっきに開放する 二日間

「竹華灯籠まつり」は 無事に終える事が出来ました!

ありがとうございました!!




しかし!

本当の終了は お借りしたお寺さんの境内地を元に戻す事です

そして

楽しませてくれた 竹華灯籠がさらに多くの方々に楽しんで貰えるように

私たちの竹華灯籠が みんなの竹華灯籠となるように

そんな気持ちでいます

最後の最後まで 竹華灯籠が笑顔と癒しのお役に立てば 実行委員全員こんな嬉しい事はありません

最近耳にするのは 「竹華灯籠まつり」を手本に 各地で行われる竹灯篭の形態が変わりつつあるとのことです

インターネットの力は凄いなと思っています



(20日)

カラリと晴れ 暑い日となりました

朝9時から前日にお開きとなった まつりの後片付けと掃除です

不思議ですね 昨日までまつりだったのが 何日か前のような感覚です

・・・

よし! はじめよう!!

委員長指示の下 撤去作業開始

廃棄するものと 保管するものを考えての作業です


20150721-2015-07-20_09_47_28.jpg
20150721-2015-07-20_09_48_26.jpg


・・・

ちょっと凄い端折り方ですが 竹華灯籠にスポットを当てますね

ユラリ フワリと楽しませてくれた竹華スクリーンを みんなで撤去です



20150721-2015-07-20_17_36_13.jpg


1本目を撤去した時、 「ほんとに終ったんだなぁ」 と思いました・・・

あとは もっと多くの皆さんに楽しんで貰えるよう 大切に撤去です


20150721-2015-07-20_17_38_21.jpg
20150721-2015-07-20_17_39_26.jpg
20150721-2015-07-20_17_40_57.jpg


そして 最後の1本!


20150722-2015-07-20_17_42_51.jpg


進太郎さんと いつも頑張ってくれる若者の手で ゆっくりと外されました

・・・


この間には 竹華灯籠の一部の長尺、短尺がサムさんの手で トラックへ移動されています

シッカリとシートに包まれ 更に一本も破損することないよう

二台にトラロープを張り巡らせ 完璧なまでの状態にしていました

そこには携わった者だけにしか分からない いたわりがあり

他の地域の方々にも楽しんでもらいたい という思いもあったと思います

行き先は 高山です

きっと 後ろからクラクションを鳴らされるくらいで走るのでは・・・

サムさん おねがいします

行ってらっしゃい!!


3メートルの竹華灯籠は デンパークさんへバトンタッチするため

一晩を シートに包まれ会場で眠ります


20150721-2015-07-20_18_11_35.jpg


おやすみなさい・・・